いーすとえんど!では、宅配買取に関する本人確認書類として、お客様に身分証明書コピーの送付をお願いしております。
当店の本人確認書類取扱に関するご説明、身分証をご送付いただく際の注意点等を記載しておりますので、はじめてご利用いただくお客様はご確認願います。

はじめに

宅配買取サービスは非対面・お振込みでのお取引となるため、本人確認が必要になります。
当店では、お客様の身分証明書記載の住所へ集荷に伺うことで、本人確認とさせていただいております。

身分証明書をご提示いただくことは、古物営業法第15条に基づき法律で義務付けられており、その他の目的で使用することはありません。

身分証明書について

身分証明書として認められるもの

以下のものが、身分証明書にご利用頂けます。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証(健康保険、国民健康保険、共済組合、船員保険)
  • 日本国パスポート
  • 年金手帳(住所記載欄があるものに限る)
  • 外国人登録(済)証明書
  • 住民基本台帳カード

※現住所記載のものに限ります。
※学生証、社員証等上記以外の物はご利用頂けません。
※法令に基づきご本人を証明・確認するものですので、顔写真や項目を塗りつぶすなどの加工はなされませんよう、お願い致します。
※期限切れの身分証はご利用いただけません。
※18歳未満の方は上記書類に加え保護者同意書が必要となります。

※マイナンバーカードは無効となります。

コピーする際の注意点

ご用意いただいた身分証明書は、コピーしたものをお荷物に同封してお送りください。
なお、以下のものは本人確認書類として無効となり、再送付をお願いする場合がございます。

必要事項が確認できないもの

コピーする際に身分証明書の一部が欠けたもの、解像度が低く文字が鮮明でないものは無効となります。

有効期限を過ぎたもの

現在使用していない過去の運転免許証など、有効期限の過ぎたものは無効となります。

現住所記載の面がコピーされていないもの

現住所の記載がないものは無効となります。
健康保険証など、表面に記載がないものは必ず裏面もコピーしてご送付ください。
住所変更などを行った場合も、現住所が記載されている面を必ずコピーしてご送付ください。

原本を加工・改ざんしたもの

法令に基づきご本人を証明・確認するものですので、顔写真や項目を塗りつぶす・隠すなどの加工、その他改ざん、詐称などがされたものは無効となります。
ただし、家族情報(本人以外の氏名)、臓器提供意思表示欄、その他本人確認に必要のないセンシティブ情報につきましては、隠していただいても有効とさせていただきます。

※保管時には、センシティブ情報を黒塗りで抹消しております。

身分証を提示するのはなぜですか?

古物営業法に基づき、法律でご提示が義務付けられております。

身分証記載の住所と現住所が違う場合の対処法

身分証明書に加え、下記本人確認書類のご提出によりお取引可能です。
・住民票
・印鑑登録証明書
・現住所記載の公共料金等領収証(電気、ガス、水道、電話)
・現住所記載の郵便物(消印または「料金後納」「料金別納」の記載があるもの)
※全て交付日から3ヶ月以内のものに限る。

なお、振込口座は住民票に記載の本人名義口座に限ります。

苗字が変わったが、身分証の名義を変更していない場合

身分証明書に加え、下記本人確認書類のご提出が必要になります。
戸籍抄本(謄本)の写し
※交付日から3ヶ月以内のものに限る。

18歳未満のお客様へ

18歳未満のお客様には保護者同意書のご記入とご同封をお願いしております。
下記の同意書を印刷し、保護者の方がご記入・ご捺印頂いたものを身分証と同封して頂きますようお願い致します。
買取申込書(保護者同意書)のダウンロード

例外について

以上が当店の宅配買取でご使用いただける身分証明書になります。
その他、例外につきましては、《よくあるご質問・必要書類について》をご確認、または《お問い合わせ》ください。

本人確認書類の取扱について

本人確認書類の保管

古物営業法・個人情報保護法に基づき、弊社規約が定める期間厳重に保管させて頂きます。
※古物営業法の定める項目につきましては3年間の保管が法令により義務付けられております。

本人確認書類の利用・処理

ご送付いただいた身分証明書は本人確認書類として、古物営業法に基づき一定期間弊社にて保管後、個人情報として厳重に処理いたします。
お客様の個人情報は、買取に関する本人確認・連絡などの業務及び当店における営業に関する各種情報提供サービスのみに利用させて頂きます。

関連:プライバシーポリシー

個人情報の保護・開示

本人確認書類により取得した個人情報を第三者に開示することはございません。
ただし、下記の場合に警察からの要請があれば、直ちに当該警察・関係機関へ届出を致します。

  • 警察・関係機関より法令に基づく開示要求があった場合
  • お売りいただいた商品に盗品・偽造品の疑いがある場合
  • 申込者が法令に違反及び違反する疑いのある場合