売りたい商品が決まったら、あとはダンボールに詰めて送るだけです!
梱包方法とポイントをご紹介します。

準備

用意するもの

・ダンボール
・新聞紙、プチプチなどの緩衝材
・ガムテープ
・身分証のコピー


梱包用ダンボール

ダンボールの大きさについて

ダンボール1箱の場合

1箱にまとめていただく場合、大きさ・重量の制限はございません。

ダンボール2箱以上の場合

2箱以上に分けて梱包していただく場合は、ダンボール1箱の3辺の合計が160センチ以上を越える大きさの場合のみにしていただきますようお願い致します。
3辺の合計が160センチ以上を越えない場合には、できるだけ1箱にまとめていただきますようご協力お願い致します。
※必須ではありません。

ダンボールが手元にない場合はどうすればいい?

ダンボールはスーパーや薬局で、不要になっているものを無料で貰えることができます。
また、有料になってしまいますが、ホームセンターなどで200円ほどで購入することも出来ます。

※送る商品が傷ついたり、汚れないようにするために、できるだけきれいなものや、匂いのないもの、頑丈なものをお選びいただくのをオススメします。

紙袋などのダンボール以外でものに詰めて送ってもいい?

紙袋でも問題はございませんが、商品が傷つく可能性が非常に高いので、出来る限りダンボールにしていただくことをオススメします。

梱包方法

梱包するときのコツは、余分な隙間を作らないことです。
できるだけ売りたい商品の量にあった大きさのダンボールを選び、新聞紙などの緩衝材で隙間をうめると、輸送時の破損が防げます。

それでは早速、お送りする

  • CD
  • DVD
  • ゲーム

をダンボールに詰めてみましょう。

できるだけ隙間なく詰めようとしても、ダンボールのサイズの関係上どうしても隙間が生まれてしまう場合がございます。
隙間があると、輸送時に中身が動いてしまうので、商品が壊れて買取不可になってしまうこともあるんです。

そんなキズがつきやすい商品も、一工夫で輸送時の破損を防げます。

キズや破損が心配な商品は補強する

商品発送中に稀にキズがついたり割れてしまうことがあります。キズや割れは、査定時には減額対象になってしまうので、補強するのがオススメです。

新聞紙、プチプチなどで一周巻いてひとまとめにするだけで、キズになることも簡単に割れる可能性も大きく減少します。
この一手間で、減額対象となってしまうキズや割れを防ぐことができます。

隙間を埋める

緩衝材を使って最初に詰めたダンボールの隙間を埋めていきます。

新聞紙、プチプチ、発泡スチロールなどが一般的です。プチプチや発泡スチロールはご自宅にない場合も多いですが、わざわざホームセンターで買ってくる必要はありません。
ご自宅にある不要な新聞紙や広告、古紙などを丸めるだけでも、充分に商品のキズや割れを防いでくれます。

今回はちぎった新聞紙を利用して、隙間を埋めてみました。

これで隙間がなくなったので、もう商品がダンボールの中で暴れる心配はありません。

最後に、上のスペースも新聞紙などを使って埋めていきましょう。

上のスペースに隙間がある場合は、ダンボールや送り状に【上積(下積)厳禁】【割れ物注意】など記入して頂くと、より安心です。

最後に、忘れずに身分証を入れてください。
※同封する身分証についてはこちらをご確認ください。
→【本人確認書類について

ガムテープでしっかりダンボールに封をしたら完成です!
※ダンボールが複数になる場合は、身分証を入れたダンボールに【身分証在中】とご記入をお願い致します。

あとは、集荷がくるのを待ちましょう。

発送方法についてはこちら